ダイエット筋トレについて嘘なの?本当なの?そんな疑問について考えてみました。

ダイエット・冷え性に効く!

黒ショウガサプリメントの効果

ダイエットで筋トレは間違い?

フィットネスをする女性
2015年12月28日

ダイエットにはいろいろな方法があります。サプリでのダイエット、食事改善によるダイエット、運動でのダイエットetc…
サプリでのダイエットはこのサイトでも紹介していますが、それだけでも数え切れないほどたくさんの情報が飛び交っています。

しかしダイエットについて調べていくと人によって真逆の意見だったり、同じ方法でも効果があると言ったり無いと言ったり、どれを信じていいのやら…というものがたくさん存在します。
今回はそんなダイエットについての色々な考え方をまとめてみました。

筋トレでダイエット

1つ目のダイエットの考え方として、筋トレがダイエットに効果的という考え方があります。

これは、基礎代謝をを上げるということがキーワードになります。
「基礎代謝」とは私達が何もしていないときでも、生命を維持する為にエネルギーを消費することです。
筋肉と言うのは体の中でも「増やすことができる」ものです。これを生かすのが筋トレの活用という考え方です。
筋肉を増やすことで基礎代謝が上がり、エネルギーを消費しやすい体にする事でダイエットにつながるとされています。

具体的な方法としては、
・体の胴体・太ももの筋肉を増やす(集中的に鍛える)
・回数を多くするのではなく、負荷を大きくかける
・筋肉の破壊→回復という仕組みを利用する為、筋トレと筋トレの間は2日間ほど空ける
と言った具合です。

筋トレでは効果がない!?

一方で、筋トレをしてもダイエットには効果がないという考え方も存在します。

その理由は、そう簡単に筋肉は増やせない為です。
筋肉はプロのボディビルダーでも1年で3キログラム増やせれば良い方だという情報もあります。
それを考えると、筋肉が増やせたとしても、基礎代謝が急に上がることはないということです。

しかも筋肉を増やすと言うことは、体重も体に必要なエネルギーも増やすことになるので、ただでさえ体重や食事の量を減らすようなダイエットをしている場合は両立が難しいと言うことです。

有酸素運動という選択

トレーニングはトレーニングでも、ダイエットに有酸素運動を取り入れると効果的とされています。

私達の主なエネルギー源は、炭水化物です。
炭水化物はブドウ糖となり、これを酸素で燃焼させてエネルギーを生み出しています。
ただ、私達の体はエネルギー源を蓄えておこうとする為、使い切れなかったブドウ糖は脂肪として蓄えられていくのです。

有酸素運動は、筋トレと比べると、ウォーキングなどの軽い運動です。
一気に負荷をかけるのではなくしっかりと酸素を取り込みながら血液中のブドウ糖を消費します。
そうすることで、脂肪として蓄えられていたエネルギー源が消費され、ダイエットにつながります。

ただ調べていくと、筋トレを全くしないのも体型が崩れてしまうなどの問題があるようです。
ダイエットは奥が深いですね。まだまだいろいろと調べて、試していく必要がありそうです。